翻訳会社おすすめ3社の見積もりを徹底比較

「上司から仕事で使う資料の翻訳を頼まれたんだけど、どうやって依頼先を見つければいいのかわからない…誰か教えて…!」

この記事はそんな方に向けた内容になっています。

現在、翻訳会社の数は約2,000社以上と言われています。その中から1社ずつ探していくのは、現実的ではありません。

とはいえ翻訳をお願いするだけだからと、適当に選んでしまうのは大きな間違いです。翻訳会社は「ただ翻訳をするだけ」の会社ではありません。ただの翻訳であればGoogle翻訳などでも可能ですが、直訳してしまうと本来伝えたいはずだった意図とは異なる内容になってしまいます。

翻訳会社を選ぶ際は最低3社は見積もりを出す必要があり、その中で「なぜ自分はこの翻訳会社を選んだのかという理由」も用意しておくと、よりスムーズに上司への提案が通るようになります。この記事で紹介している選ぶポイントと合わせて、各会社が持つ特徴、強みを抑えておくようにしましょう。

そんなわたしの経験を基に、ここに見積もりをお願いすれば間違いないという翻訳会社を紹介していこうと思います。また、わたしが選んだ翻訳会社も紹介いたしますので、会社選びに途方に暮れている方はぜひ参考にしてください。

見積もり時の3つのポイント

翻訳会社へ依頼する際は、必ず最低3社以上に見積もりをお願いして比較をしていくようにしましょう。その時、比較するポイントを以下の3つで意識して行うと、上司への稟議も通しやすくなりますので抑えておきましょう。

見積もりポイント①費用は適正か

商品のマニュアルや営業交渉用のプレゼン資料などの外部向けを翻訳の場合は文字単価16円~。社内資料の場合は文字単価8円~を相場感として考えておきましょう。

見積もりポイント②納期は間に合う?

こちらが希望する納期に間に合うかは重要な部分ですが、内容の確認が終えるまでの期間も含めてが翻訳物の納期になります。ダブルチェックの体制ができていれば納期までの管理も徹底して行われるので、コーディネーターの有無は確認をしていくようにしましょう。

見積もりポイント③品質は担保されるか?

先述したコーディネーターの有無は品質担保されているのかの判断もできます。翻訳プロジェクト全体を取り仕切る存在なので、翻訳物のクオリティもコーディネーターによって左右されます。

実績豊富で提案力抜群の翻訳会社3選

それでは、次からおすすめの翻訳会社を3社紹介していきます。また、実際にわたしが弊社ホームページの日英翻訳(約1,300文字)の見積もりをお願いした時のデータを掲載いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

翻訳会社WIPジャパン

  • 顧客数7,000社以上
  • 翻訳実績47,000件以上
  • 業界最多の対応言語数139ヵ国語

コーディネーターさんの対応がとても丁寧!
初めてでもWIPさんに任せれば翻訳物の品質が担保できます!

まず比較検討に入れておきたい会社第1位としてWIPジャパンをご紹介します。わたしも色々な会社を比較した結果、最終的にWIPジャパンさんに依頼をお願いしました。

実績としては十分な案件数と顧客を抱えており、内閣府や外務省などの行政からパナソニック、富士通と言った大手企業もお客として抱えています。企業として信頼を持てる実績は魅力的です。

それを裏付けるものとして、品質の高さが挙げられます。コーディネーター(プロジェクトマネージャー)を中心としたチーム体制での翻訳作業はもちろんのこと、それを支える人材としてWIPジャパン独自のネットワークにより約6,500名の中から、適宜、依頼内容にあった翻訳者を選定できるシステムはWIPジャパンの強みと言えます。

依頼が決定的となった要因は、見積もり連絡をした際のコーディネーターとのヒアリングがとても丁寧だったことです。依頼前だというのに翻訳物の細かいヒアリングが行えて、弊社独自の表現についても意訳してくれるので、こちらが想定しているものに最も近い物が出来上がるなと思い、依頼させていただきました。。

依頼時のデータ

見積もり金額26,120円→23,000円(割引適用後)
納期 1週間後
割引初回10%割引

見積もりの対応は電話で対応いただき、見積もりを出してもらうだけなのに、伝えたい点や気を付けたい表現など、こと細かくヒアリングを行っていただました。まだ依頼が正式に決まっていない見積もりの段階で、ここまで丁寧に対応して下さったのはWIPジャパンさんだけでした。

他にも何社かは見積もりをお願いしており、費用だけ見れば安いところも数社ありました。しかし費用面よりも、こちらが理想とする翻訳物と考えたときに、WIPジャパンさんはとても魅力的だと考えました。

WIPジャパン 公式ホームページ

翻訳会社ブレインウッズ

ブレインウッズ
  • 依頼ニーズに合わせたプランを用意
  • リーズナブルな料金設定
  • 継続契約を検討している方におすすめ

続いておすすめしたいのが創業20年を超える翻訳会社ブレインウッズです。費用を抑えたいという方にはおすすめの会社になります。依頼ニーズに合わせた3つの仕上げレベルを用意している点が特徴です。

低コスト、短納期を意識した「ドラフト」標準的な翻訳が可能な「スタンダード」コピー作成やリライト込みの「ハイクオリティ」の3つに分かれています。自分の求める翻訳クオリティに合わせてこれら3つのプランから選ぶことが可能です。

依頼自体は継続依頼を主に受け付けているようで、弊社でHPの翻訳を依頼した時は単発だからという理由で断られてしまいましたが、継続で依頼ができるものがあればぜひともお願いしたい会社です。

見積もり金額ー(単発のため断られた)
納期 ー(単発のため断られた)
割引無し

ブレインウッズ 公式ホームページ

翻訳会社Accent

Accent
  • コミュニケーション第一のサービスを提供
  • 多種多様な専門分野に対応可能
  • 依頼者ごとのニーズをまとめたカルテに沿って制作

翻訳会社Accentでは特にコミュニケーションをウリとしてサービスを進めています。コーディネータを筆頭に、どれだけコミュケーションを取れるかによって翻訳物の完成度も変わってくるので、実は最も大事な部分であったりします。

このコミュケーションが不足した状態で翻訳作業を進めていくと、微妙なニュアンスの違いであったり、意図とは違う翻訳物になるなど、トラブルになりかねません。そういったことをわかっているからこそ、Accentではコミュニケーションを大事にしていると思われます。

見積もり金額22,880円
納期 2日後
割引無し

Accent 公式ホームページ

おすすめ翻訳会社3社比較表

見積もり時データ比較WIPジャパンブレインウッズAccent
見積もり金額
(税抜)
26,120円→23,000円22,880円
納期1週間依頼2日後
コーディネーター対応有り有り有り
割引初回10%割引無し無し
対応言語数139ヵ国語12ヵ国語56ヵ国語

【まとめ】わたしはWIPジャパンさんにお願いしました

私は最終的に3社の見積もりからWIPジャパンさんを上司に推しました。理由は、担当の方(コーディネーター)のヒアリングで、ここなら英語が拙い自分でも優良な翻訳物が出来上がると思えたからです。

最終的に上司や会社から評価対象になるのは翻訳物になるため一番安心して翻訳物が出来ると思える会社を選ぶべきです。

後日談として

翻訳物について、こだわった内容もWIPジャパンさんからご共有を頂けたので、英語が分からないであろう上司(笑)から質問にも的確に答えることができたため評価を受けた形となり、わたしも満足な翻訳会社でございました!翻訳会社を選ぶならWIPジャパンさんをおすすめ致します!