そのまま社内で使える!プレゼン資料無料ダウンロード 翻訳会社の選び方
翻訳言語

【マレー語】翻訳会社の料金・注意点!ネイティブ翻訳者が必要な理由も解説

マレーシアやシンガポールへの企業進出など、マレー語の翻訳が必要となったときに、どこに依頼をすればいいのか、料金はいくらなのか、疑問点がたくさんありますよね。

ビジネスで使用する際は、翻訳会社に依頼をするのがおすすめです!当記事では、翻訳会社に依頼した場合の目安料金や、注意点などを解説します。

この記事を最後まで読んでいただくことで、依頼前に知っておきたい情報が分かりますよ。マレー語翻訳を検討している方は、ぜひ参考にしてください!

翻訳会社マイスター 久米村 大地

翻訳会社マイスターでは、弊社(株式会社調転社)のホームページの翻訳を翻訳会社に依頼した経験をもとに、その時のリアルな口コミを届けるメディアとして運営しております。 わかりにくい翻訳会社業界を丁寧に詳しく解説します!

おすすめの翻訳会社と選び方

マレー語翻訳の目安料金

マレー語翻訳の目安料金
翻訳会社名日本語からマレー語
(1文字当たり)
マレー語から日本語
(1ワード当たり)
インターブックス17円~17円~
ジェスコーポレーション18円~20円~
NAIway19円~25円~

選ぶ翻訳会社や、翻訳文書の難易度によって異なります。1文字当たりの料金以外に、最低受注額が定められている場合がありますが、その額も翻訳会社によって差があるため注意が必要です。

また、マイナー言語のため、翻訳対応していてもホームページに料金が記載されていないこともあります。まずは、気になる翻訳会社に見積もりを取ることがおすすめです。

翻訳会社の料金相場|気になる翻訳費用の内訳を紹介! 翻訳会社を選ぼうと思っても「安いところが知りたい」「翻訳料金の相場は?」と気になる点がいくつも出てくると思います。 料金は安いに...

マレー語翻訳の注意点!

マレー語翻訳では、方言の差や宗教観など翻訳を依頼する前に知っておきたい注意点がいくつかあります。翻訳会社に依頼をする前に、ぜひ参考にしてください。

マレー語の方言の差

マレーシア以外に、シンガポールとブルネイでも公用語とされている言語なので、地域によって方言に差があるのが特徴です

ターゲット地域がマレーシアなのに、ボルネイ出身の翻訳者による翻訳の場合、語彙などに差が出てしまう可能性があります。そのため、基本的にはターゲット地域出身のネイティブ翻訳者に依頼をした方がよいでしょう。

公用語の国
  • マレーシア
  • シンガポール
  • ブルネイ

宗教観とハラール認証

マレーシアでは、国民の6割がイスラム教徒です。そのため、マレーシアの市場に日本のサービスや商品を展開する場合は、言語だけではなくハラール認証など宗教に合わせた対応が必要となります。

マレーシアでのハラール認証を取得するのは難易度が高いと言われており、必要な書類の正確な翻訳も欠かせません。高品質な翻訳が期待できる翻訳会社を見つけることも重要になります。

ハラール認証とは、イスラム教の教えに従って製造・調理されたことを示す制度

英語翻訳が適している場合も

使用する国やビジネスシーンによっては、英語翻訳の方が適している場合があります。

例えば、シンガポールでは他にも英語を公用語としているため、ビジネスシーンの多くでは英語を使用します。シンガポールの企業が相手の場合はマレー語ではなく、英語への翻訳が適している場合があります。

シンガポール以外に、マレーシアやブルネイでもビジネスシーンでは英語を使うことがあるため、契約書などは英語でも可能な場合もあります。

どちらの言語に翻訳すればよいのかは国や状況によって異なるため、翻訳が必要となるシーンによって判断するのがおすすめです。

シーンに合わせて翻訳言語を選ぼう!

インドネシア語での代用は不可能

マレー語とインドネシア語は、よく似ている言語として知られていますが、インドネシア語での代用は不可能です。

お互いの言語で話しても意思疎通ができるほど似ている両言語ですが、語彙などに違いがあるため、代用をすると誤訳になってしまう恐れがあります。

意味マレー語インドネシア語
警察polispolisi
木曜KhamisKamis
kedaitoko

上の表の「警察」や「木曜」のように、意味が同じでスペルが似ている単語や、「店」のように意味もスペルも全く違う単語などがあります。さらに、同じスペルで違う意味を持つ単語も存在します。

スペルマレー語の意味インドネシア語の意味
pejabatオフィス公務員
kereta 列車

同じ意味で似ているスペルの単語、意味もスペルも全く違う単語、スペルが同じで意味が違う単語があります。このことからも、インドネシア語で代用ができないことが分かります。

マレー語翻訳には高レベルなネイティブ翻訳者が必要!

質を求めるのであれば、能力が高いネイティブ翻訳者が必要となります。そのため、翻訳会社を選ぶ際には、料金が安い翻訳会社よりも翻訳者の実績がある会社を選ぶのがおすすめです。

ターゲット地域出身の翻訳者

国による方言の差に対応するには、翻訳ターゲット地域出身国の翻訳者に依頼するのが1番適しています。

マレーシア出身も、ブルネイ出身も同じマレー語ネイティブになるため、気になる場合は出身国を確認してみましょう。

また、マレーシア国内でも方言の差があります。そのため、標準語に翻訳したい場合は、方言が強い地域出身の翻訳者は適していません。

ターゲット地域出身者がいれば最も理想的ですが、そうではない場合は、翻訳依頼前に、方言に注意して翻訳をするように伝えるようにしてください。

翻訳者の出身国・出身地域を確認しよう!

書き言葉と話し言葉の使い分け

書き言葉と話し言葉に分かれています。高い品質を得るためには、書き言葉と話し言葉を適切に使い分けて翻訳をする能力が必要です。

マレー語ネイティブでも無意識に使い分けているため、文書の翻訳を誤って話し言葉で翻訳してしまうこともあります。そういったミスがないように、翻訳者として勤務歴が長い実績のある翻訳者を選ぶのがおすすめです。

また、書き言葉と話し言葉の使い分けによるミスを避けるためには、優秀なネイティブチェッカーがいる、などチェック体制が万全な翻訳会社を選ぶことも重要です。

実績のあるネイティブ翻訳者・チェッカーがいる会社を選ぼう!

ネイティブチェックとは?必要性や費用を徹底解説 翻訳の際に必要とされるネイティブチェックは、翻訳の精度を高めることや適切な文章にするために重要な役割を担っていることを知っていましたか...

注意点に気を付けてマレー語翻訳を依頼しよう

当記事ではマレー語翻訳の目安料金や注意点などを解説しました。当記事の内容を参考にして、注意点に気を付けながらマレー語翻訳を依頼してみてください。

最後に、記事の内容を簡単に下記にまとめましたので、参考にしてください。

翻訳会社おすすめ22社 東京都
【プレゼン資料付き】東京都の翻訳会社おすすめランキング!22社を徹底比較翻訳会社を調査分析した【社内でそのまま使えるPDF/PPT】がダウンロードできるおすすめ翻訳会社を紹介メディアです。また、おすすめ翻訳会社のクーポンも用意しています。費用相場・納期・翻訳品質など選ぶ基準は会社によって様々です。翻訳会社マイスターとしての見解から選ぶ基準を紹介しています。...