翻訳言語

【ドイツ語】翻訳会社の目安料金|文書別の注意点解説

ドイツ語は性のある名詞や長い複合名詞など特徴的な語彙があり、翻訳するためには高い語学力が必要です。翻訳会社選びにおいても難易度が高いのは確かでどう選べばいいのだろう?と悩んでいる方がほとんどだと思います。

翻訳会社マイスターでは以下の3つのポイントを翻訳会社選びの際の基準にしています。

  • 翻訳の分野は専門的か
  • 文章は社内向けか社外向けか
  • 継続的に翻訳が必要になるか

この記事では、ドイツ語翻訳におすすめな翻訳会社紹介を始め、翻訳の目安料金、依頼する文書別の注意点などを紹介します。翻訳の依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

翻訳会社マイスター 久米村 大地

翻訳会社マイスターでは、弊社(株式会社調転社)のホームページの翻訳を翻訳会社に依頼した経験をもとに、その時のリアルな口コミを届けるメディアとして運営しております。 わかりにくい翻訳会社業界を丁寧に詳しく解説します!

おすすめの翻訳会社と選び方

ドイツ語翻訳におすすめの翻訳会社5社一覧表

 WIPジャパンAccentACNブレインウッズジェスコーポレーション
料金 (日本語⇒ドイツ語)1文字20円~1文字9円〜1文字22円〜1文字20円~1文字12円〜
料金 (ドイツ語⇒日本語)1文字24円~1文字11円〜1文字26円〜1文字22円~1文字20円〜
品質翻訳意図の丁寧な説明あり顧客ごとの翻訳カルテを作成しチーム単位で管理学位所有の翻訳者300名以上在籍徹底した進捗、品質体制を用意国際標準化機構のISO17100 : 2015(工業・科学技術分野)を取得
スピード4営業日以内2営業日以内1週間後不明3営業日以内
実績取引企業数:累計約7,000社取引企業数:累計3,000社取引企業数:約80社(HP掲載企業のみ集計)取引企業数:年間1,000社官公庁・教育機関などと多数実績あり
知名度(検索数)17029001039050
翻訳言語数139ヵ国語62ヵ国語19ヵ国語12ヵ国語95ヵ国語
総合評価フォローアップが丁寧!依頼時の確認作業に不安を覚えた初めての翻訳依頼となると少し物足りない単発の依頼は難しい初めての方には少し難易度が高め

ドイツ語翻訳におすすめの翻訳会社5選

今回は、ドイツ語翻訳を依頼するのにおすすめな5つの翻訳会社をご紹介します。料金や品質はもちろん、これまでの実績や担当者の対応などを総合的に評価して作成したランキングです。どの会社も、品質やコスパに優れた会社ばかりですよ。

1.WIPジャパン

WIPジャパン株式会社
料金(日本語⇒ドイツ語)1文字20円~
料金(ドイツ語⇒日本語)1文字24円~
品質翻訳意図の丁寧な説明あり
スピード4営業日以内
実績取引企業数:累計約7,000社
知名度(検索数)170
翻訳言語数139ヵ国語
総合評価担当者のフォローアップが丁寧に行われており、初めての翻訳でも安心

会社説明

「WIPジャパン」は、世界中の一流のパートナーと提携し、多言語バリエーションとインテリジェンスを駆使して翻訳サービスを提供している大手の翻訳会社です。

翻訳サービスでは、通常の翻訳に加えて、クラウド翻訳の「訳す(YAQS)」やオンサイト(出張)翻訳を展開しており、顧客のニーズにあわせた最適なサービスを提供できます。
翻訳言語数は139カ国語となっており、この優れた言語対応力により最高の翻訳づくりが可能です。

WIPジャパンでは全言語でネイティブ翻訳者を採用しており、ドイツ語についても翻訳試験に合格したプロの翻訳者が翻訳を行っています。翻訳意図の説明も丁寧で、初めて翻訳を頼む方にもおすすめできる翻訳会社です。

WIPジャパンの口コミ

自然な訳をお願いできる会社を探していました。弊社は食品会社なので、専門用語もあり、また直訳しにくい単語もあると思うので、それを自然に訳してくださる会社に重点をおいております。その中で、競合見積を取らせて頂いて値段が一番安いところに発注させていただいております。ご丁寧ですばやい対応をありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

引用元:WIPジャパン公式HP お客さまの声

WIPの公式ホームページはこちら

2.Accent

Accent
料金 (日本語⇒ドイツ語)1文字9円〜
料金 (ドイツ語⇒日本語)1文字11円〜
品質顧客ごとの翻訳カルテを作成しチーム単位で管理
スピード2営業日以内
実績取引企業数:累計3,000社
知名度(検索数)2900
翻訳言語数62ヵ国語
総合評価依頼時の確認作業に不安を覚えた

会社説明

翻訳会社Accent(アクセント)では、真の翻訳サービスは何か?を常に意識しており、理想の翻訳サービス実現のために、心の通うコミュニケーションをモットーにしています。

多様化する顧客のニーズに応えるため、多言語への同時翻訳展開や世界各地の希少な言語・方言を含む幅広い言語にも対応可能です。また、依頼のあった翻訳原稿は適切に管理するとともに、希望に応じて秘密保持契約を締結をしています。

ドイツ語翻訳については、各専門分野に対応できる一流の翻訳者が対応するほか、DTPまでのダイレクトサービスも提供しており、ドイツ語のフォントの扱いに悩むことなくスムーズに業務に利用可能です。

Accentの口コミ

Q.MT(機械翻訳)にも対応していますか?

A.いいえ。翻訳は原文を吟味し、文脈を正確に把握した上で行われる高度な知識を要する作業です。機械翻訳は形がハマるが絵柄が合わないパズルを無理やり入れるのと同じです。実施されると入念な翻訳チェック作業が不可欠となり、再翻訳を含めると通常より長い納期と高いコストが掛かります。

引用元:Accent公式HP FAQよくある質問

Accentの詳細ページはこちら

3.ACN

ACN
料金 (日本語⇒ドイツ語)1文字22円〜
料金 (ドイツ語⇒日本語)1文字26円〜
品質学位所有の翻訳者300名以上在籍
スピード1週間後
実績取引企業数:約80社(HP掲載企業のみ集計)
知名度(検索数)10
翻訳言語数19ヵ国語
総合評価初めての翻訳依頼となると少し物足りない

会社説明

ACNは、最高品質の翻訳をスピーディーに提供することをモットーとしている翻訳会社です。学位を取得している翻訳者が300名以上在籍しており、リピーター率は驚異の90%を誇ります。主なクライアントには、東京大学をはじめとする高等教育機関や、官公庁・有名企業などがおり、そういった企業などから選ばれ続けているというわけです。

翻訳言語数は19カ国語で、ドイツ語にも対応しています。見積は何度でも可能で、日本語からドイツ語の場合は日本語の文字数で、ドイツ語から日本語への翻訳の場合はドイツ語のワード数をも基に算出します。システマチックな対応の感があるので、翻訳の依頼に慣れている方は検討してみてはいかがでしょうか。

ACNの口コミ

私の本来の専門領域はせまく限られていますが、冒険がしたくて、他領域に口を出すこともしばしばあります。たとえば日本語の味わい深い小説やくだけた日常会話を、どのように英語で表現すればよいのか、自分一人だったら長時間悩み込んでしまうところですが、ACNさんにお願いすると、ネイティブに評判の良い文章が必ず期日までに仕上がってきて、大いに助かっています。論文はすべての部分を一から自分の力だけで書かないと恥、という考え方も(特に年配の先生方には)あるかもしれません。が、プロにまかせられる部分は優れたプロにまかせて、自分の得意な研究のための時間と労力を確保するという考えの方が、少なくとも私が置かれている現在の職場環境にはフィットするように思っています。

引用元:ACN公式HP お客様の声

ACNの詳細ページはこちら

4.ブレインウッズ

ブレインウッズ
料金 (日本語⇒ドイツ語)1文字20円~
料金 (ドイツ語⇒日本語)1文字22円~
品質徹底した進捗、品質体制を用意
スピード不明
実績取引企業数:年間1,000社
知名度(検索数)390
翻訳言語数12ヵ国語
総合評価単発の依頼は難しい

会社説明

ブレインウッズは、法人・企業向けに英語・中国語・韓国語などの実務・技術翻訳、通訳派遣、映像字幕翻訳を行っている翻訳会社です。

IT・金融からアパレル・スポーツまで対応範囲が広く、各分野に専門の翻訳者やコーディネーターを配置しています。こういったスペシャリストでチームを組み、ネイティブの翻訳者やバイリンガルがチェックを行うなど、徹底した品質管理体制も魅力の一つです。

ドイツ語翻訳では、これまでに企業報告書や株式譲渡関連資料、土木関連技術資料などの翻訳実績があります。ただ、基本的に単発の依頼は難しいため、継続的に依頼する場合の候補として検討するとよいでしょう。

ブレインウッズの口コミ

品質は全く問題ありません。とっても丁寧でした。相見積を取らせていただいた他社さんと比較して、価格は一番安かったわけでもないですが、クオリティに満足しました。いままで弊社のノンネイティブによる翻訳だったので、それと比較するともう格段に仕上がりが良かったです。こちらで直す必要もなかったので本当に助かりました。

引用元:ブレインウッズ公式HP お客様の声(医療機器販売会社)

ブレインウッズの詳細ページはこちら

5.ジェスコーポレーション

料金 (日本語⇒ドイツ語)1文字12円〜
料金 (ドイツ語⇒日本語)1文字20円〜
品質国際標準化機構のISO17100 : 2015(工業・科学技術分野)を取得
スピード3営業日以内
実績官公庁・教育機関などと多数実績あり
知名度(検索数)50
翻訳言語数95ヵ国語
総合評価初めての方には少し難易度が高め

会社説明

ジェスコーポレーションは、技術翻訳と特許翻訳の多言語対応に優れた翻訳会社です。翻訳言語数は、英語・中国語・ドイツ語など95カ国語に対応しています。翻訳以外には、DTPやテープの文字起こし、コーパス作成などの言語に関するサービスも提供可能です。

ドイツ語の翻訳実績も豊富で、これまでに法律関係書類や公的機関への提出書類、機器の仕様書やパンフレットなどの翻訳を行っています。

また、文字数またはワード数カウント方式を採用しており、明確な料金体系で安心です。トライアル・見積は無料で、初回限定割引も行っているので、お試しで依頼してみるのもよいでしょう。

ジェスコーポレーションの口コミ

Q.秘密保持に関してはどのような対応をとっていますか?

A.お客様とNDA(機密保持契約書)を締結させていただくとともに、弊社の社員とはもちろんのこと、社外の関係者全員と機密保持契約を締結しております。

引用元:ジェスコーポレーション公式HP よくある質問

ジェスコーポレーションの詳細ページはこちら

ドイツ語翻訳の目安料金

ドイツ語翻訳は依頼するプランや文書の難易度によって異なります。ビジネス文書の翻訳を依頼をした場合の目安料金は以下の通りになります。

翻訳言語料金相場(文字単価)
日独翻訳13~17円
独日翻訳22円~30円
英独翻訳20円~26円
独英翻訳25円~30円

文字単価以外にオプション追加料金や、最低受注額がミニマムチャージとして定められていることがあります。依頼する際は、数社見積もりを取ることをおすすめします。

ドイツ語翻訳を依頼する文書別の注意点

ドイツ語翻訳では依頼する文書ごとに、それぞれ注意点が異なります。ビジネスをスムーズにし、誤訳などのミスを回避するために文書別の注意点を紹介しますので、参考にしてください。

【一般文書】論理的な自然な翻訳

ドイツ語は論理的、日本語は非論理的といわれています。そのため、日本語に翻訳する際に、直訳をすると堅苦しく自然ではない文章になってしまいます。

自然で魅力的な翻訳のためには、ドイツ語と日本語の文法の違いなどを理解し、その上で自然な翻訳にできる語学力の高さが必要となります。翻訳者がネイティブの場合は、日本に在住したことがあるのかを基準として考えるのがおすすめです。

【一般文書】ビジネスメールのルール

ドイツ語を使用する国での仕事の依頼文などのビジネスメールは、丁寧な書き始めの挨拶などルールがあります。手紙を書く際の慣習を守るドイツ語のメールは、日本のメールよりも形式が決まっています。

書き始めの挨拶と締めの言葉は、日本の拝啓・敬具のように対応している言葉があるため、知識のない人がインターネットで調べて使用すると間違った組み合わせの文章になる恐れがあります。

短い文章だからこそ機械翻訳を使いたくなりますが、正しい表現で相手に好印象を与えるためにもプロに依頼をするのがおすすめです。

【法務関係】ドイツ法と日本法の違い

契約書などの法務関係の書類を翻訳する際には、法律の違いに注意が必要です。特にドイツとドイツ法に影響を受けているオーストリアでは、ドイツ法と日本法との違いについて深い知識が必要となります。

日本はドイツ法から影響を受けている国なので、英米法を採用しているアメリカやイギリスよりは類似点がありますが、物権法の領域などでは違いが多いため注意が必要です。

また、ドイツ語圏の国でのビジネスで契約書を作成する際に、ドイツ語ではなく英文契約書を作成する機会も多くあります。

その場合はドイツや日本の法律を準拠法することになります。ドイツを準拠法にする英文契約書の場合は、ドイツ法の知識だけではなく英米法の知識も豊富なプロに依頼をしてください。

【特許関係】技術用語

自動車や機械、化学などが主要産業のドイツでは、ドイツ語特有の技術用語があります。自動車などの特許申請書類では、ドイツ語特有の技術用語を正確に翻訳する必要があり、専門知識が必要となります。

例えば、”Verbindung”という単語はドイツ語で接続、という意味がありますが、技術用語としては抽象的で幅広い意味があります。ドイツ特有の技術概念を知った上で翻訳をしないと、誤訳につながってしまいます。

さらに、特許関係の書類のドイツ語翻訳では、辞書に載っていない複合名詞が登場します。その場合は、ドイツ語の構造を理解した上で組み合わされている単語から意味を掴み、自然な日本語の表現に翻訳する必要があります。

以上のように、特許関係の書類に出てくるドイツ語特有の技術用語の意味を掴み、正確な翻訳をするためには、豊かな専門知識と高い語学力が必要となることが分かります。

【公的文書】アポスティーユ取得の順番


ドイツ語を使用するドイツ、ベルギーなどでは公的文書を国に提出する際にアポスティーユが求められるケースがあります。アポスティーユとは、公的文書に対する外務省の証明のことで、ハーグ条約締約国で必要とされます。

アポスティーユ自体は自力で取得が可能ですが、注意が必要なのは取得の順番です。ドイツなどでは翻訳後の文書でアポスティーユは取得できないため、必ず翻訳前に取得する必要があります。

また、依頼先によっては公的文書の翻訳とアポスティーユの取得まで対応できるケースがありますので、取得方法に不安がある場合は依頼をすると安心です。

高地ドイツ語と低地ドイツ語の違い

大きく高地ドイツ語と低地ドイツ語の2つに分けられるのが特徴です。それぞれの地域によって発音や語彙などに違いがあります。

高地ドイツ語

ドイツ中部・南部で使用。東中部のテューリンゲン語が書き文字のドイツ標準語として使用されることから、高地ドイツ語を標準ドイツ語とされています。

低地ドイツ語

北部で使用。書き文字は高地ドイツ語の方言が標準ドイツ語になっていますが、発音はドイツ北部のハノーファーが最も標準語に近いとされています。

ドイツ語翻訳を翻訳会社に依頼してビジネスに活かそう

ドイツ語翻訳はビジネスメールのルールや特有の技術用語など、個人で翻訳をするには難しい内容が多くあります。信頼できる翻訳会社にドイツ語翻訳を依頼して、ぜひビジネスに活かしてください。

他の翻訳会社を比較したい人はこちらの記事もチェックしてみてください。翻訳会社全22社を徹底調査してみました。

【プレゼン資料付き】東京都の翻訳会社おすすめランキング!22社を徹底比較

マイスター厳選!翻訳会社ランキング
  • WIPジャパン

    WIPジャパン スクリーンショット画像
    WIPジャパンはクライアントからのヒアリング力と質の高い翻訳に定評があります。翻訳が初めての人でも困らないように担当者が丁寧に対応をしてくれるので翻訳会社を探している人には特におすすめしたい会社です。
  • サンフレア

    サンフレア 公式ページ画像
    サンフレアでは自社内での翻訳者の教育に力を入れており、一定の品質を担保できる仕組みを取っています。セキュリティ対策も万全でプライバシーマークの取得など堅固なセキュリティ体制が企業として安心感に繋がっています。
  • 翻訳センター

    翻訳センター 公式ページ画像
    翻訳センターは翻訳業界では最も有名な会社で国内業績では圧倒的TOPを誇る会社です。翻訳分野を幅広く取り扱っていて、翻訳センターに問い合わせれば間違いないものの、費用は高額なので利用する企業は限られます。
そのまま社内で使える!プレゼン資料無料ダウンロード 翻訳会社の選び方