そのまま社内で使える!プレゼン資料無料ダウンロード 翻訳会社の選び方
翻訳言語

【ドイツ語】翻訳会社の目安料金|文書別の注意点解説

ドイツ語は性のある名詞や長い複合名詞など特徴的な語彙があり、翻訳するためには高い語学力が必要です。

当記事では、翻訳の目安料金、依頼する文書別の注意点などを紹介します。翻訳の依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ドイツ語翻訳の目安料金

ドイツ語翻訳は依頼するプランや文書の難易度によって異なります。ビジネス文書の翻訳を依頼をした場合の目安料金は以下の通りになります。

翻訳言語料金相場(文字単価)
日独翻訳13~17円
独日翻訳22円~30円
英独翻訳20円~26円
独英翻訳25円~30円

文字単価以外にオプション追加料金や、最低受注額がミニマムチャージとして定められていることがあります。依頼する際は、数社見積もりを取ることをおすすめします。

ドイツ語翻訳を依頼する文書別の注意点

ドイツ語翻訳では依頼する文書ごとに、それぞれ注意点が異なります。ビジネスをスムーズにし、誤訳などのミスを回避するために文書別の注意点を紹介しますので、参考にしてください。

【一般文書】論理的な自然な翻訳

ドイツ語は論理的、日本語は非論理的といわれています。そのため、日本語に翻訳する際に、直訳をすると堅苦しく自然ではない文章になってしまいます。

自然で魅力的な翻訳のためには、ドイツ語と日本語の文法の違いなどを理解し、その上で自然な翻訳にできる語学力の高さが必要となります。翻訳者がネイティブの場合は、日本に在住したことがあるのかを基準として考えるのがおすすめです。

【一般文書】ビジネスメールのルール

ドイツ語を使用する国での仕事の依頼文などのビジネスメールは、丁寧な書き始めの挨拶などルールがあります。手紙を書く際の慣習を守るドイツ語のメールは、日本のメールよりも形式が決まっています。

書き始めの挨拶と締めの言葉は、日本の拝啓・敬具のように対応している言葉があるため、知識のない人がインターネットで調べて使用すると間違った組み合わせの文章になる恐れがあります。

短い文章だからこそ機械翻訳を使いたくなりますが、正しい表現で相手に好印象を与えるためにもプロに依頼をするのがおすすめです。

【法務関係】ドイツ法と日本法の違い

契約書などの法務関係の書類を翻訳する際には、法律の違いに注意が必要です。特にドイツとドイツ法に影響を受けているオーストリアでは、ドイツ法と日本法との違いについて深い知識が必要となります。

日本はドイツ法から影響を受けている国なので、英米法を採用しているアメリカやイギリスよりは類似点がありますが、物権法の領域などでは違いが多いため注意が必要です。

また、ドイツ語圏の国でのビジネスで契約書を作成する際に、ドイツ語ではなく英文契約書を作成する機会も多くあります。

その場合はドイツや日本の法律を準拠法することになります。ドイツを準拠法にする英文契約書の場合は、ドイツ法の知識だけではなく英米法の知識も豊富なプロに依頼をしてください。

【特許関係】技術用語

自動車や機械、化学などが主要産業のドイツでは、ドイツ語特有の技術用語があります。自動車などの特許申請書類では、ドイツ語特有の技術用語を正確に翻訳する必要があり、専門知識が必要となります。

例えば、”Verbindung”という単語はドイツ語で接続、という意味がありますが、技術用語としては抽象的で幅広い意味があります。ドイツ特有の技術概念を知った上で翻訳をしないと、誤訳につながってしまいます。

さらに、特許関係の書類のドイツ語翻訳では、辞書に載っていない複合名詞が登場します。その場合は、ドイツ語の構造を理解した上で組み合わされている単語から意味を掴み、自然な日本語の表現に翻訳する必要があります。

以上のように、特許関係の書類に出てくるドイツ語特有の技術用語の意味を掴み、正確な翻訳をするためには、豊かな専門知識と高い語学力が必要となることが分かります。

【公的文書】アポスティーユ取得の順番


ドイツ語を使用するドイツ、ベルギーなどでは公的文書を国に提出する際にアポスティーユが求められるケースがあります。アポスティーユとは、公的文書に対する外務省の証明のことで、ハーグ条約締約国で必要とされます。

アポスティーユ自体は自力で取得が可能ですが、注意が必要なのは取得の順番です。ドイツなどでは翻訳後の文書でアポスティーユは取得できないため、必ず翻訳前に取得する必要があります。

また、依頼先によっては公的文書の翻訳とアポスティーユの取得まで対応できるケースがありますので、取得方法に不安がある場合は依頼をすると安心です。

高地ドイツ語と低地ドイツ語の違い

大きく高地ドイツ語と低地ドイツ語の2つに分けられるのが特徴です。それぞれの地域によって発音や語彙などに違いがあります。

高地ドイツ語

ドイツ中部・南部で使用。東中部のテューリンゲン語が書き文字のドイツ標準語として使用されることから、高地ドイツ語を標準ドイツ語とされています。

低地ドイツ語

北部で使用。書き文字は高地ドイツ語の方言が標準ドイツ語になっていますが、発音はドイツ北部のハノーファーが最も標準語に近いとされています。

ドイツ語翻訳を翻訳会社に依頼してビジネスに活かそう

ドイツ語翻訳はビジネスメールのルールや特有の技術用語など、個人で翻訳をするには難しい内容が多くあります。信頼できる翻訳会社にドイツ語翻訳を依頼して、ぜひビジネスに活かしてください。

翻訳会社おすすめ22社 東京都
【プレゼン資料付き】東京都の翻訳会社おすすめランキング!22社を徹底比較翻訳会社を調査分析した【社内でそのまま使えるPDF/PPT】がダウンロードできるおすすめ翻訳会社を紹介メディアです。また、おすすめ翻訳会社のクーポンも用意しています。費用相場・納期・翻訳品質など選ぶ基準は会社によって様々です。翻訳会社マイスターとしての見解から選ぶ基準を紹介しています。...