そのまま社内で使える!プレゼン資料無料ダウンロード 翻訳会社の選び方
翻訳分野

医療翻訳とは?目安料金や優れた依頼先を見つけるポイントも徹底解説

薬事申請書や学術論文、医療機器の翻訳など様々な医療の現場で医療翻訳が必要となります。医療分野は多岐にわたるため、それぞれに深い専門知識が必要です。

専門的な知識が必要となる医療翻訳では、医療分野に特化した翻訳会社に依頼をするのがおすすめです。

当記事では、医療関係の文書を翻訳する手段や目安料金、優れた依頼先を見つけるポイントなどを紹介します。これから医療翻訳を依頼しようと検討している方は、ぜひ会社選びの参考にしてください。

医療翻訳の和英・英和翻訳の目安料金

医療翻訳では英語翻訳が中心となるので、和英・英和翻訳の目安料金を紹介します。医療翻訳に特化した翻訳会社に依頼をすると、和英翻訳が16円から英和翻訳が20円から程度が目安料金になります。

翻訳を依頼する文書の種類や追加するオプション、翻訳会社によって値段が前後するため、依頼をしたい会社を見つけたらまずは見積もりを取ることをおすすめします。

医療翻訳は医学・薬学分野に関わる翻訳

医療翻訳とは、医学・薬学分野に関わる翻訳です。そのため、言語のみならず専門的で幅広い知識が必須です。

医学・薬学分野は日々進化しているため、医療翻訳を行う翻訳者は常に最新の情報を知る必要があります。また、命に係わる翻訳のため、些細なミスも許されません。

医療翻訳は専門的な翻訳の中でも、特に難易度の高い翻訳の1つだといえます。そのため、翻訳会社や翻訳者の選定が重要になります。

医療翻訳が必要な文書の種類

医療翻訳が必要な文書の種類を大きく3つに分けて紹介します。同じ医療翻訳という言葉で表現されますが、それぞれが異なる内容のため翻訳者に求められるスキルも異なります。

医薬系翻訳

医薬系翻訳は治療に関する研究資料など薬事申請に関係する書類、海外で発売された新薬の和訳など主に医薬品に関係がある翻訳です。翻訳される医薬品は薬以外に、化粧品などのヘルスケア商品も含まれています。

医薬品の種類は多く常に新しいものが登場するため、この分野は医療翻訳の中でも高い需要があります。

論文など学術系翻訳

論文などの学術系翻訳は、学術誌への投稿や学会発表のための学術論文の翻訳、医学関係の論文や書籍の翻訳に関係がある翻訳です。

学術誌や学会発表用の論文を翻訳会社に依頼をすることで翻訳にかかる負担を減らし、海外で発表された論文や書籍の翻訳を依頼することで、常に最新の医療情報を得ることができます。

医療機器に関する翻訳

医療機器に関する翻訳は、医療機器の取り扱い説明書や販売用資料など医療機器に関係のある文書の翻訳です。

医療機器の翻訳は言語や医学の知識だけではなく、ソフトウェアや精密機器などそれぞれの医療機器ごとに異なる分野の知識も必要となります。

医療関係の文書を翻訳するための手段2選

医療関係の文書を翻訳するための手段として、通常の翻訳会社に依頼をする方法と医療関係を専門とする翻訳会社に依頼をする方法があります。

それぞれのメリットやデメリットなど特徴を説明するので、会社選びの参考にしてください。

①通常の翻訳会社に依頼をする

通常の翻訳会社に依頼をする場合のメリットは、会社選びの選択肢が多く価格が安いことです。会社選びの選択肢が多いため、会社の中からリーズナブルな価格の翻訳を選んで依頼することができます。

デメリットとしては、医療関係の実績や翻訳者の知識が乏しいということです。翻訳業界ではコストと翻訳品質が比例することが多く、期待できる品質の翻訳が得られない可能性があります。

また、命に係わる分野である医療翻訳では、誤訳などの翻訳ミスが取り返しのつかないリスクにつながります。

通常の翻訳会社に依頼をする場合は、返却された翻訳文書の校正を自分で行える自信がないとリスクが高いためおすすめできません

②医療関係を専門とする翻訳会社に依頼をする

医療関係を専門とする翻訳会社に依頼をするメリットは、専門知識が豊富な人材がいることです。医療翻訳は幅広く、各ジャンルごとに深い知識が必要となります。

医療関係を専門とする翻訳会社には、元医師や医療機器・製薬会社に勤務していたなど知識や経験が豊富な人材が多数所属しています。

デメリットとしては、翻訳のコストが高いことです。専門的な知識が必要となる医療翻訳では、どうしても通常の翻訳よりも料金が高価になってしまいます。

しかし、誤訳によるリスクの回避や翻訳者やチェッカーの能力を考えれば、適正な価格だと納得ができます。

医療翻訳に優れた依頼先を見つけるポイント4つ

翻訳会社を検索すると数多くの会社が見つかります。その中から医療翻訳に優れた依頼先を見つけるための4つのポイントを紹介します。失敗しない会社選びのために参考にしてください。

①医療翻訳の各領域ごとの実績

翻訳会社の実力を知るために、翻訳実績の確認は重要です。当記事で既に医療翻訳が必要な文書は3つの領域に分けられることを紹介しました。依頼をしたい領域ごとに確認したい実績について解説します。

【医薬系】薬事申請業務の実績

医薬系翻訳では、薬事申請業務への実績があるかどうかが大切です。薬事申請業務には専門知識があるコーディネーターや翻訳者が必要となります。

そのため、薬事申請業務への実績があるということから、スキルの高い人材が翻訳会社に所属していることが分かります。

【学術系】希望する学会発表・学術誌投稿の実績

学術系翻訳では学会発表や学術誌投稿の論文、医学系の論文や書籍の翻訳があります。その中でも学会発表や学術誌投稿を目的とする場合は、投稿を希望している学会や学術誌への実績があるかどうかが重要です。

学会や学術誌ではそれぞれフォーマットや好まれる言い回しなどが異なります。特に学術誌では却下されることが多々あるため、投稿されたという実績があれば安心して翻訳を依頼できます。

【医療機器】依頼をする医療機器に関わる翻訳実績

医療機器といってもそのジャンルは多岐にわたります。それぞれの分野ごとに必要な医療・ソフトウェアや精密機器の専門知識が異なります。

他の領域と同様に翻訳ミスが許されない医療翻訳なので、透析機器や人工臓器など依頼をしたい医療機器の翻訳実績がある会社を選ぶのがおすすめです。

②命に係わる”誤訳”を防ぐ品質の高さ

誤訳などの翻訳ミスが命に係わるような大きなリスクにつながる医療翻訳では、翻訳された文章の品質の高さが重要です。

誤訳を防ぐためには翻訳後のチェック体制が充実している必要があります。翻訳後にクロスチェックがあるか、チェックを行うチェッカーの略歴はどうかなどを確認してください。

また、翻訳会社によっては1番安いプランでは翻訳のみ、料金が高いプランでクロスチェックが増えるという場合がありますが、リスク回避のためにもクロスチェックがあるプランを選ぶことをおすすめします。

③情報流出を防ぐセキュリティ体制

薬事申請書類や学術誌に投稿する論文など、医療翻訳では情報流出のリスクが懸念されます。翻訳会社を選ぶ前に情報流出を防ぐためにセキュリティ対策が充実している会社を選ぶようにしてください。

ウイルス対策はもちろんのこと、秘密保持契約を結べる会社がおすすめです。見積もり時点で翻訳するデータを送る場合は、契約前に秘密保持契約を結べる会社を選ぶようにしましょう。

④医療分野に特化した翻訳者の指名

医療翻訳では深い専門知識をもった翻訳者の指名ができるか、が品質の高い翻訳のために重要です。

医療系の博士号保有者や元医師などの翻訳者が所属している翻訳会社でも、依頼をする医療分野の専門知識がある翻訳者がいなければ意味がありません。

ホームページ上に記載されていない場合は、直接依頼をする医療分野の翻訳者が所属するか確認をしましょう。豊富な知識や経験をもつ翻訳者を指名できれば、安心して翻訳を任せることができます。

信頼できる会社に医療翻訳を依頼しよう

医療翻訳は深い専門知識をもつ翻訳者などの人材や、情報流出を防ぐセキュリティが充実している会社を選ぶ必要があります。この記事を参考にして、信頼できる翻訳会社に医療翻訳を依頼してみてください。

翻訳会社おすすめ22社 東京都
【プレゼン資料付き】東京都の翻訳会社おすすめランキング!22社を徹底比較翻訳会社を調査分析した【社内でそのまま使えるPDF/PPT】がダウンロードできるおすすめ翻訳会社を紹介メディアです。また、おすすめ翻訳会社のクーポンも用意しています。費用相場・納期・翻訳品質など選ぶ基準は会社によって様々です。翻訳会社マイスターとしての見解から選ぶ基準を紹介しています。...