そのまま社内で使える!プレゼン資料無料ダウンロード 翻訳会社の選び方
翻訳言語

【ヒンディー語】翻訳会社の目安料金|翻訳会社への依頼時注意点まとめ

インド企業との取引やインドへの企業進出にヒンディー語翻訳は欠かせません。高品質な翻訳であれば、翻訳会社に依頼をするのがおすすめです。

当記事では、個人翻訳が難しいヒンディー語の特徴や翻訳目安料金、注意点などを紹介します。

この記事を最後まで見ることで、依頼する前に知っておきたい情報が分かります。ヒンディー語翻訳の依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ヒンドゥー語ではないのでご注意を

ヒンディー語翻訳の目安料金

日本語→ヒンディー語1文字15円~
ヒンディー語→日本語1ワード24円~
英語→ヒンディー語ワード20円~

料金は、選ぶ翻訳会社や依頼する文書の難易度によって異なります。翻訳目安料金としては、日本語からヒンディー語が1文字15円から、ヒンディー語から日本語が1ワード24円から程度です。

日本語以外の言語に翻訳する場合は、多言語に対応している会社を選ぶと同時に依頼ができて便利です。対応している言語は翻訳会社によって異なりますが、英語などメジャー言語は対応しているでしょう。

英語への翻訳目安料金は、1ワード20円から程度です。特急料金や翻訳証明書の発行など別途で料金がかかる場合や、最低受注額が定められていることがあります。

文字単価の料金だけでは収まらない場合があるため、気になる翻訳会社を見つけたら見積もりを取ることをおすすめします。

翻訳会社の料金相場|気になる翻訳費用の内訳を紹介! 翻訳会社を選ぼうと思っても「安いところが知りたい」「翻訳料金の相場は?」と気になる点がいくつも出てくると思います。 料金は安いに...

ヒンディー語はインドの連邦公用語

インドの北部と中部で使用されている言語で、インドの連邦公用語とされています。また、オセアニアにあるフィジーでは、ヒンディー語とフィジー語の混ざったフィジー・ヒンディー語が使用されています。

使用する国は少ないものの、使用人口は世界で3番目に多く、翻訳の需要がある言語だといえます。

個人依頼だと翻訳は難しい

日本語と文法に類似点があるものの、異なる点も多く個人での翻訳が難しい言語です。個人での翻訳が難しいヒンディー語の特徴について紹介します。

日本語と相違点がある文法

日本語とでは語順など類似点があることが知られていますが、名詞の性や動詞の活用など相違点も多くあります。ヒンディー語の翻訳をする前に知っておきたいヒンディー語の文法について解説します。

語順は日本語と同じSOV型

ヒンディー語の語順は、日本語と同じ主語・目的語・動詞の順番のSOV型です。日本人がヒンディー語を学ぶ際には、語順が同じことが大きな助けになります。しかし、翻訳をする際の難易度は下がりません。

同じ語順同士の方が機械翻訳を行うとスムーズに翻訳ができる場合が多いですが、英語やスペイン語などメジャーな言語と比較するとマイナー言語は翻訳精度自体が低くなります。

また、語順は同じものの、名詞の性や動詞の活用などが異なります。機械翻訳精度は低く、ビジネス用文書では使用しない方が賢明です。

2つの性がある名詞

日本語と語順が同じですが、名詞には日本語にはない2つの性があります。全ての名詞が男性名詞と女性名詞の2つに分かれ、名詞の性によって形容詞の形などが変化します。

名詞には性以外に英語のように単数、複数も分かれているため、日本語を使っている人からすればなじみのない表現です。

語形変化する動詞

動詞は語幹があり、その点は日本語と似ています。日本語で表現すると「食べル」「食べタ」「食べロ」などカタカナの以外の共通する部分が語幹です。

同様に、語幹があり語尾の変化で現在や過去、命令などを表します。しかし、日本語とは異なり名詞の性や数によって語形の形がさらに変化します。

このように語幹のある語形変化する動詞は日本人にもなじみがありますが、日本語よりも複雑な語形変化をし、文字になじみもなく翻訳が困難なことに変わりはありません。

独特なデーヴァナーガリー文字

個人翻訳が困難な理由の1つとして、独特なデーヴァナーガリー文字があります。デーヴァナーガリー文字は母音と子音の組み合わせで構成されており、ネパール語にも使用されています。

英語などのラテン文字とは全く異なる表記のため、日本人からすると全くなじみのない文字で、初見では見分けることも大変でしょう。

子音同士が結合して独特の結合文字を作ることもあり、自然な表現をするためにはヒンディー語ネイティブでなければ困難です。

日本語よりも複雑な発音

母音のア・イ・ウは日本語と同じような発音ですが、エ・オの2つは少し異なります。また、子音は有気音と無気音に分かれており、日本語よりも複雑な発音が多いです。

読みを知りたい場合は、ルビ振りサービスを依頼できる翻訳会社を選ぶのがおすすめです。

ヒンディー語の翻訳における注意点!

地域による違いが多いなど、翻訳における注意点がいくつかあります。翻訳を検討している方はぜひ参考にしてください。

地域による言語・方言の違い

インド国内の「言語の違い」「方言の違い」について注意が必要です。

インドでは20以上の言語が存在する

連邦公用語とされているため、インド全土で通じると勘違いされます。実際には、インドでは他にも20以上の指定言語があります。

例えば、南インドで使用されているタミル語や東インドで使用されるオリヤー語などがあります。特にタミル語は使用人口が7000万人ほどおり、南インドがターゲットの場合はタミル語に翻訳する場合もあります。

同じインド国内で使用されていますが、異なる言語のため文法や語彙などが違います。インド国内で翻訳が必要となる場合は、ターゲット地域の言語に合わせる必要があります。

東ヒンディー語と西ヒンディー語

20以上の言語があるインドでは、さらに東と西で方言があります。アワディー語などがある東は西よりも使用人口が多いのが特徴です。

西は使用人口が東よりも少ないものの、インドの首都であるニューデリーが使用されているため翻訳需要の高い言葉です。

どちらの方言に対応しているのかターゲット地域を確認することが大切です。

ヒンディー語以外の言語や東西で異なる方言の違いに対応できる翻訳会社を見つけよう!

デーヴァナーガリーの文字化けトラブル

デーヴァナーガリー文字を使用しますが、翻訳後の文章を別のファイルへ編集する時に文字化けをする恐れがあります。

文字化けの原因としては、編集ツールがデーヴァナーガリー文字に対応していない場合、翻訳時に現地のフォントで作成した場合などがあります。

特殊な文字のためどうしても文字化けトラブルが出てしまいます。文字化けなどレイアウト上のトラブルが心配な場合は、編集まで依頼できる翻訳会社を選ぶと安心です。

翻訳データをファイル管理するなら、文字化けトラブルに備えて編集まで依頼しよう!

インド式数字の表記ルール

1~100までの数字が全て違う単語で表現されます。独特の表現にも注意が必要ですが、さらに算用数字を使用する時も気を付ける必要があります。

インドでは算用数字を使用する時は2桁ごとに区切って表記するため、翻訳後の編集で数字を記入する際は2桁ごとに区切るようにしましょう。

インド数式の改行を理解した翻訳会社を見つけよう!

代用不可能な類似言語

パキスタンで使用されているウルドゥー語やネパールで使用されているネパール語と文法や語彙が似ている言語です。。

特にウルドゥー語は文法がほとんど同じで、話し言葉になるとヒンディー語とそっくりです。

ウルドゥー語で代用できそうですが、語彙や文字に相違点が多く、書き言葉は異なるため翻訳をする場合はウルドゥー語で代用できるわけではありません。

ヒンディー語とウルドゥー語などを同時に翻訳したい場合でも、それぞれの言語に翻訳する必要があります。

ヒンディー語に類似した言語の同時翻訳は避けよう!

ターゲット地域に合わせてヒンディー語翻訳を依頼しよう

個人での翻訳が難しいヒンディー語は、翻訳する際に注意が必要な言語です。翻訳のターゲット地域に合わせて、信頼できる翻訳会社に依頼しましょう。

翻訳会社おすすめ22社 東京都
【プレゼン資料付き】東京都の翻訳会社おすすめランキング!22社を徹底比較翻訳会社を調査分析した【社内でそのまま使えるPDF/PPT】がダウンロードできるおすすめ翻訳会社を紹介メディアです。また、おすすめ翻訳会社のクーポンも用意しています。費用相場・納期・翻訳品質など選ぶ基準は会社によって様々です。翻訳会社マイスターとしての見解から選ぶ基準を紹介しています。...