翻訳言語

【ベンガル語】翻訳会社の料金|依頼前に確認したいことも徹底解説

バングラデシュへのビジネス進出など、ベンガル語翻訳が必要となるときがあります。そんなときに、どこに依頼をすればいいのか、料金はいくらなのか、たくさんの疑問点が浮かびますよね。

この記事では翻訳会社に依頼した場合の料金、翻訳依頼前に確認したいポイントなどを解説します。また対応言語の有無の他、翻訳文書の専門性、誰向けの翻訳なのかなどを考慮した3つのポイントを設けて、おすすめの翻訳会社を紹介していきます。

  • 翻訳の分野は専門的か
  • 文章は社内向けか社外向けか
  • 継続的に翻訳が必要になるか

この記事を最後まで読んでいただくことで、依頼する前に知っておきたい情報が分かりますよ。ベンガル語翻訳を検討している方は、ぜひ参考にしてください!

翻訳会社マイスター 久米村 大地

翻訳会社マイスターでは、弊社(株式会社調転社)のホームページの翻訳を翻訳会社に依頼した経験をもとに、その時のリアルな口コミを届けるメディアとして運営しております。 わかりにくい翻訳会社業界を丁寧に詳しく解説します!

おすすめの翻訳会社と選び方

ベンガル語翻訳におすすめの翻訳会社5社一覧表

 WIPジャパン十印翻訳センターブレインウッズAccent
料金 (日本語⇒ベンガル語)問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ1文字9円〜
料金 (ベンガル語⇒日本語)問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ1文字11円〜
品質翻訳意図の丁寧な説明あり国際標準化機構(ISO)規定に則り、一定の品質を確保納品後のアフターサービスが徹底徹底した進捗、品質体制を用意顧客ごとの翻訳カルテを作成しチーム単位で管理
スピード4営業日以内不明不明不明2営業日以内
実績取引企業数:累計約7,000社取引企業数:累計3,000社取引企業数:累計約4,400社取引企業数:年間1,000社取引企業数:累計3,000社
知名度(検索数)17059029003902900
翻訳言語数139ヵ国語43ヵ国語80ヵ国語12ヵ国語62ヵ国語
担当者の対応複数回ヒアリングあり単発依頼は難しい電話で丁寧な説明でとても好印象依頼内容によっては対応が難しくなる送られてきた資料の送付先(企業名)に誤りあり
総合評価フォローアップが丁寧!継続なら依頼もあり知名度はあるが費用感は合わない単発の依頼は難しい依頼時の確認作業に不安を覚えた

ベンガル語翻訳におすすめの翻訳会社5選

今回は、ベンガル語翻訳を依頼するのにおすすめな5つの翻訳会社をご紹介します。料金や品質はもちろん、これまでの実績や担当者の対応などを総合的に評価して作成したランキングです。どの会社も、品質やコスパに優れた会社ばかりですよ。

1.WIPジャパン

WIPジャパン株式会社
料金(日本語⇒ベンガル語)問い合わせ
料金(ベンガル語⇒日本語)問い合わせ
品質翻訳意図の丁寧な説明あり
スピード4営業日以内
実績取引企業数:累計約7,000社
知名度(検索数)170
翻訳言語数139ヵ国語
担当者の対応複数回にわたり電話で弊社のサービス内容を細かくヒアリング
総合評価担当者のフォローアップが丁寧に行われており、初めての翻訳でも安心

会社説明

WIPジャパンは、翻訳言語数が139カ国語と業界最多クラスを誇る大手の翻訳会社です。顧客数は7,000社以上、翻訳実績は47,000件以上を数えます。

同社では全言語でネイティブ翻訳者を採用しており、翻訳試験をはじめとする厳しい審査に合格したプロの翻訳者が翻訳を行っています。地方による方言の差が激しいベンガル語においては、ネイティブ翻訳者は必須です。

また、一般的なビジネス文書をはじめ、観光・インバウンド、法律・契約書、金融・財務などの幅広い分野に対応しています。きめ細やかで丁寧な対応にも定評があり、初めて翻訳を依頼する方でも安心です。

WIPジャパンの口コミ

翻訳会社によって料金体系は違います。同じ会社案内でも内容によって、それから各ページによって文字量はすいぶんと開きがあります。だから1ページいくらで料金が決まると予想以上に高くなりがちです。その点、1文字いくらで料金が決まっていれば依頼する時にこちらも見積もりやすいです。明朗会計であることはとても素晴らしいと思います。

引用元:WIPジャパン公式HP お客さまの声

WIPの公式ホームページはこちら

2.十印

十印
料金 (日本語⇒ベンガル語)問い合わせ
料金 (ベンガル語⇒日本語)問い合わせ
品質国際標準化機構(ISO)規定に則り、一定の品質を確保
スピード不明
実績取引企業数:累計3,000社
知名度(検索数)590
翻訳言語数43ヵ国語
担当者の対応単発依頼は難しい
総合評価継続なら依頼もあり

会社説明

十印は、高品質な翻訳に加えて、単なる翻訳にとどまらない現地化サービスである「ローカライズ」にも注力している翻訳会社です。精度の高い最新のAI翻訳を導入しており、AI翻訳に最適な原稿の作り方など運用面ののサポートも充実しています。

創立から55年の歴史をもつ企業で、顧客のベストパートナーとして確かな信頼を得ており、これまでに3,000社以上との取引実績があります。翻訳言語数は43カ国語で、アジアでは中国語・韓国語のほか、需要の増えてきたベトナム語やタイ語にも対応可能です。

ただ、基本的に単発の依頼は難しいため、継続的に依頼する場合の候補として検討するとよいでしょう。

十印の口コミ

課題:アジア言語に展開する必要があったが、クラウドベースのTMS(翻訳管理システム) の導入にあたってのトレーニング・サポートが必要だった。

ソリューション及び結果:TMSに習熟した担当者から中国スタッフにトレーニングを行い、そこから各翻訳者とパートナーへ指導を行うことにより、お客様に全く負担を掛けることになく、実現することができた。

引用元:十印公式HP 事例(北欧商品販売企業)

十印の詳細ページはこちら

3.翻訳センター

翻訳センター
料金 (日本語⇒ベンガル語)問い合わせ
料金 (ベンガル語⇒日本語)問い合わせ
品質納品後のアフターサービスが徹底
スピード不明
実績取引企業数:累計約4,400社
知名度(検索数)2900
翻訳言語数80ヵ国語
担当者の対応電話で丁寧な説明でとても好印象
総合評価知名度はあるが費用感は合わない

会社説明

翻訳センターは、高い知名度を誇る大手の翻訳会社です。自動車メーカーや医薬品メーカー、法律事務所や大学・研究機関などのクライアントを抱えており、これまでの取引企業数は約4,400社を数えます。

翻訳言語数は80ヵ国語で、アジア・中東地域では、ベトナム語・カンボジア語・タイ語などに対応可能です。翻訳サービス以外にも、通訳・人材サービス・コンベンションなど幅広くサービスを展開しています。また、納品後のアフターフォローも徹底されており評判です。

ただ、手厚いサービスの分、料金も安くはありません。予算感があわない場合は、他社を検討した方がよいでしょう。

翻訳センターの口コミ

価格がもう少し安いと、またお願いしたいなと思いました。内容についてはほぼ満足ですが、若干ニュアンスの違いはありますが、満足しました。

引用元:翻訳センター公式HP お客様の声

翻訳センターの詳細ページはこちら

4.ブレインウッズ

ブレインウッズ
料金 (日本語⇒ベンガル語)問い合わせ
料金 (ベンガル語⇒日本語)問い合わせ
品質徹底した進捗、品質体制を用意
スピード不明
実績取引企業数:年間1,000社
知名度(検索数)390
翻訳言語数12ヵ国語
担当者の対応依頼内容によっては対応が難しくなる
総合評価単発の依頼は難しい

会社説明

ブレインウッズは、高品質の翻訳をリーズナブルな価格で提供している翻訳会社です。2000年に設立された比較的若い会社ですが、年間の取引企業は約1,000社と、高く評価されていることがうかがえます。

同社では、翻訳事業・通訳事業・映像翻訳事業の3事業を柱に、クライアントのグローバルビジネスにおけるコミュニケーション上の問題を解決するサービスを展開しています。数多くの翻訳者とネットワークを構築しており、翻訳サービスにおいても幅広い分野に対応することが可能です。

ただ、基本的に単発の依頼は難しいため、継続的に依頼する場合の候補として検討するとよいでしょう。

ブレインウッズの口コミ

法律関連の翻訳を必要とすることが多く、質の高いものが要求されるが、貴社にはこれへの対応力があると思います。

引用元:ブレインウッズ公式HP お客様の声(機械メーカー)

ブレインウッズの詳細ページはこちら

5.Accent

Accent
料金 (日本語⇒ベンガル語)1文字9円〜
料金 (ベンガル語⇒日本語)1文字11円〜
品質顧客ごとの翻訳カルテを作成しチーム単位で管理
スピード2営業日以内
実績取引企業数:累計3,000社
知名度(検索数)2900
翻訳言語数62ヵ国語
担当者の対応送られてきた資料の送付先(企業名)に誤りあり
総合評価依頼時の確認作業に不安を覚えた

会社説明

Accent(アクセント)は、ことばを「伝える」だけでなく、心まで「伝わる」翻訳を実現すべく、グローバルネットワークを駆使しながら、あらゆるニーズに対応する翻訳サービスを提供している翻訳会社です。

ベンガル語翻訳については、各専門分野に対応できる一流の翻訳者が対応するほか、DTPまでのダイレクトサービスも提供可能です。特に、ベンガル文字は英語で使用されるラテンアルファベットなどとは異なり、特殊で難解な文字のため、フォントの扱いで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そのほか、英語・欧州言語やアジア言語など62カ国語の翻訳に対応しており、大部分はコンピュータ出力やデジタル納品、ホームページ制作も可能です。

Accentの口コミ

Q.大規模な翻訳案件にも対応できますか?

A.適正な品質を保ち、2500万字、または同時展開言語数8言語等に対応いたします。

引用元:Accent公式HP FAQよくある質問

Accentの詳細ページはこちら

ベンガル語翻訳の目安料金

翻訳目安料金

翻訳会社名日本語からベンガル語ベンガル語から日本語
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン1文字40円~1文字40円~
インターブックス
(スタンダードコース)
1文字17円~1文字17円~

翻訳会社を表で2社紹介しましたが、選ぶ翻訳会社によって料金に差が出ることが分かります。さらに、上記の目安料金以外に最低受注額が定められている場合や、オプションを追加する場合は追加料金がかかります。

翻訳業界では料金=翻訳品質といえるため、会社を選ぶ際には料金以外に会社や翻訳者の経験やアフターフォローの充実など自分に合う条件の会社を選ぶようにしてください。

マイナー言語の場合は、翻訳対応している場合でも翻訳会社のホームページの料金表に記載されていないことがあります。気になる翻訳会社があれば、問い合わせと見積もりを取ることをおすすめします。

ベンガル語翻訳依頼前に確認したい4つのポイント

プロに依頼する前に、確認したい4つのポイントについて紹介します。翻訳会社への依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

①ターゲット地域と方言

バングラデシュでは、地域によって10を超える方言があります。文書によっては方言に翻訳した方が良い場合があるため、ターゲット地域の翻訳に対応している会社を選ぶ必要があります。

翻訳するターゲット地域名と分かっていれば具体的に方言の名前伝えてみて、対応できるかを問い合わせてください。

また、方言に訳す必要があるのか、ということ自体についても翻訳会社に問い合わせをすれば、親切で知識がある会社であればターゲット地域や文書に合わせて回答をしてくれるでしょう。

地域によって10を超える方言がある!

②ツールやフォントの統一

ベンガル文字は英語で使用されるラテンアルファベットなどとは異なり、特殊で難解な文字です。ベンガル文字を編集する場合は、ベンガル文字に対応しているツールやフォントを翻訳会社と合わせる必要があります。

ツールやフォントが統一されていないと、翻訳会社から返却された翻訳済みの文書を編集する際に、正しく表示されないというトラブルが起きる恐れがあります。

また、普段日本語を編集する際に使用しているツールやフォントがベンガル文字に対応していない場合、対応しているものを導入する必要もあります。

ベンガル文字には、専用ツールが欠かせない!

③印刷トラブルに対するアフターフォロー

普段使用しないフォントやツールを使用するため、文書がパソコン上では正常に表示されるものの、正しく印刷されない場合があります。

そういったトラブルに対応できるよう、翻訳後のアフターフォローが充実している会社を選ぶとトラブルが起きた際に安心です。

アフターフォローに関しては、翻訳会社によって保証期間や内容などが様々です。依頼する前にアフターフォローの内容についてしっかりと目を通してください。

翻訳後の印字・表記トラブルが起きやすい!

④ベンガル語ネイティブの所属

難しい表記ルールや方言への対応が必要となることがあります。自然な表現に仕上げるにはネイティブスピーカーの存在が欠かせません。

日本語から翻訳するならベンガル語ネイティブによる翻訳、日本語に翻訳する場合は日本語ネイティブも在籍している会社を選ぶようにしてください。

在籍状況に関しては、各公式ホームページに記載されていることが多いです。ただネイティブに関して記載がない場合もありますので、気になる会社には直接問い合わせをするのがおすすめです。

独特なルール・方言があるから、ネイティブチェッカーの存在が重要!

ネイティブによる翻訳が必要な理由2選!

ネイティブによる翻訳やネイティブチェックが必要です。なぜそこまでネイティブによる翻訳や、ネイティブチェックが必要なのかについて紹介します。

①地域による方言の差が激しい

地域による方言の差が大きい特徴があります。ターゲット地域の方言に対応している翻訳をしたい場合は、その地方出身のネイティブスピーカーによる翻訳が最も望ましいです。

バングラデシュには地域によって10を超える方言があります。その中から特に標準語との差が激しい2つの方言について紹介します。

チッタゴン語

チッタゴン語は、バングラデシュの南東部にあるチッタゴンの地域で話されています。チッタゴンはバングラデシュ最大の港町で、多くの企業が進出しているバングラデシュ第2の都市です。

チッタゴン語は、単語や発音など標準語と異なる点がたくさんあります。そのため、バングラデシュのその他の地域の人とチッタゴン語で意思疎通を取るのは難しいといわれています。

シレット語

シレット語は、バングラデシュ北東部にあるシレット・インドのアッサム州で話されています。シレットはバングラデシュ第3の都市で、インドとの国境にあります。

シレット語は、単語の構成や語彙、発音などが標準語と異なります。チッタゴン語と同様にシレット語と標準語での会話では、お互いの意思疎通は困難です。

チッタゴン語やシレット語のように、バングラデシュ内では方言に差がある場合があります。ターゲット地域に合わせた翻訳をする場合は気を付けましょう。

チッタゴン語やシレット語は方言の差が激しいが、バングラデシュ第2、第3都市だから需要も高い!

②翻訳が難しい表記ルール

ネイティブによる翻訳やチェックがなければ正確な翻訳が難しい表記ルールがあります。特に、日本語を使用する人にはなじみがない結合文字とベンガル数字について紹介します。

難解な結合文字

2つ以上の子音を結合させて作る結合文字が使用されます。この結合文字の構成が難解で、ベンガル語に対して深い知識がある人でなければ自然な翻訳は難しいでしょう。

子音同士を組み合わせたと見ただけで分かるものから、知識がなければパッと見ただけでは何が組み合わされたのか分からないものまであります。

難解な結合文字は数が多いのも、プロ依頼を必要とする要因の1つです。

固有のベンガル数字

日本や英語圏で使用される算用数字(アラビア数字)以外に、固有のベンガル数字を使用します。以下で0~9の数字について紹介します。

ベンガル文字0~9
算用数字ベンガル数字
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

上表の数字は見慣れない形のため、知識がない人間が読むのは一苦労です。翻訳を依頼する場合は、表の中の数字も依頼するようにしましょう。

また、数字の表記以外に数字を区切る桁数も日本とは異なります。日本語では3桁ごとに区切りますが、ベンガル語の場合2桁ごとに区切るため注意が必要です。

文字だけではなく、数字表記の難しさもプロへの依頼が必要となる理由の一つと言えるでしょう。

信頼できるベンガル語翻訳会社に依頼しよう

おすすめの翻訳会社選びを始めベンガル語に関する翻訳時のポイントなどを解説していきました。マイナーな言語であるだけに、会社選びは非常に難しいです。

この記事を通して少しでも翻訳会社選びの助力なりましたら幸いです。また、今回紹介しきれなかった翻訳会社も別の記事で紹介しているので、まだ検討段階の方は以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

他の翻訳会社を比較したい人はこちらの記事もチェックしてみてください。翻訳会社全22社を徹底調査してみました。

【プレゼン資料付き】東京都の翻訳会社おすすめランキング!22社を徹底比較

マイスター厳選!翻訳会社ランキング
  • WIPジャパン

    WIPジャパン スクリーンショット画像
    WIPジャパンはクライアントからのヒアリング力と質の高い翻訳に定評があります。翻訳が初めての人でも困らないように担当者が丁寧に対応をしてくれるので翻訳会社を探している人には特におすすめしたい会社です。
  • サンフレア

    サンフレア 公式ページ画像
    サンフレアでは自社内での翻訳者の教育に力を入れており、一定の品質を担保できる仕組みを取っています。セキュリティ対策も万全でプライバシーマークの取得など堅固なセキュリティ体制が企業として安心感に繋がっています。
  • 翻訳センター

    翻訳センター 公式ページ画像
    翻訳センターは翻訳業界では最も有名な会社で国内業績では圧倒的TOPを誇る会社です。翻訳分野を幅広く取り扱っていて、翻訳センターに問い合わせれば間違いないものの、費用は高額なので利用する企業は限られます。
そのまま社内で使える!プレゼン資料無料ダウンロード 翻訳会社の選び方