翻訳言語

【ギリシャ語】翻訳会社の料金|翻訳前に確認すべきこと

ギリシャ語圏の企業と取引をするなどのビジネスシーンに、翻訳は欠かせません。しかし、マイナーな言語であるがゆえに、どの翻訳会社を選べばいいのかなど情報が少ないのが現状です。

「どうすればハイクオリティな翻訳会社を探せばいいのだろう?」と迷いこの記事に辿り着いた方が多いと思います。しかも翻訳会社を探す時には、対応言語以外にも、翻訳文書や誰に向けた文書なのかなどを考慮に入れて発注する必要があります。

翻訳会社マイスターでは以下の3つの要素を取り入れてギリシャ語の翻訳におすすめの会社をまとめました。

  • 翻訳の分野は専門的か
  • 文章は社内向けか社外向けか
  • 継続的に翻訳が必要になるか

この記事を読むことで、どの翻訳会社を選ぶべきなのかがわかるようになります。これからギリシャ語翻訳を引き受けてくれる翻訳会社を探している方はぜひとも参考にしてみてください。

翻訳会社マイスター 久米村 大地

翻訳会社マイスターでは、弊社(株式会社調転社)のホームページの翻訳を翻訳会社に依頼した経験をもとに、その時のリアルな口コミを届けるメディアとして運営しております。 わかりにくい翻訳会社業界を丁寧に詳しく解説します!

おすすめの翻訳会社と選び方

ギリシャ語翻訳におすすめの翻訳会社5社一覧表

 WIPジャパンサンフレア翻訳センターブレインウッズインターブックス
料金 (日本語⇒ギリシャ語)問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ1文字17円〜
料金 (ギリシャ語⇒日本語)問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ1文字17円〜
品質翻訳意図の丁寧な説明あり品質担保の説明あり納品後のアフターサービスが徹底徹底した進捗、品質体制を用意欧州言語専門の編集者とチェッカーが担当
スピード4営業日以内4営業日以内不明不明3営業日以内
実績取引企業数:累計約7,000社取引企業数:年間1,000社取引企業数:累計約4,400社取引企業数:年間1,000社公的機関や有名企業など多数の実績あり
知名度(検索数)17019002900390320
翻訳言語数139ヵ国語70ヵ国語80ヵ国語12ヵ国語60ヵ国語以上
総合評価フォローアップが丁寧!丁寧な対応と料金の安さは魅力的知名度はあるが費用感は合わない単発の依頼は難しいやや無機質な対応で初めて頼むには全体的に不安

ギリシャ語翻訳におすすめの翻訳会社5選

今回は、ギリシャ語翻訳を依頼するのにおすすめな5つの翻訳会社をご紹介します。料金や品質はもちろん、これまでの実績や担当者の対応などを総合的に評価して作成したランキングです。どの会社も、品質やコスパに優れた会社ばかりですよ。

1.WIPジャパン

WIPジャパン株式会社
料金(日本語⇒ギリシャ語)問い合わせ
料金(ギリシャ語⇒日本語)問い合わせ
品質翻訳意図の丁寧な説明あり
スピード4営業日以内
実績取引企業数:累計約7,000社
知名度(検索数)170
翻訳言語数139ヵ国語
総合評価担当者のフォローアップが丁寧に行われており、初めての翻訳でも安心

会社説明

翻訳会社「WIPジャパン」は、グローバルネットワークをいかしたサービスを展開している翻訳会社です。

世界89カ国・414都市に海外在住スタッフがおり、翻訳サービス以外にも、海外リサーチやオンライン通訳、新型コロナウイルス対策として需要が高まっている海外出張代行サービスなどを展開しています。

「もっと理解しあえる世界をつくりたい」という創業理念を実現するため、WIPジャパンは翻訳サービスを通じて世界中の文化や思考・習慣などを伝えているのです。

翻訳言語数については、ギリシャ語を含む139カ国に対応しており、世界のほぼすべての言語をカバーする多言語翻訳を行っています。翻訳の質も高く、最もおすすめできる翻訳会社です。

WIPジャパンの口コミ

多言語対応も非常に助かっていますが、WIPさんにご依頼してよかったと思ったのは、ブランドステートメントを周知させるためのポスターを制作したときです。これまで当社のウェブサイトに掲載する訳文をお願いしてきましたが、事実情報ばかりなので、原文に忠実に訳していただくことがほとんどでした。しかし、2015年4月に変更した当社のブランドステートメント「Empowering Your Vision」に添える解説文は、社員の心に響くような訳文にしてほしいとお願いしました。意訳とまではいきませんが、こうした感情面を大切にした訳文にも強いのだと、その対応力に感心しました。

引用元:WIPジャパン公式HP お客さまの声

WIPの公式ホームページはこちら

2.サンフレア

株式会社サンフレア
料金 (日本語⇒ギリシャ語)問い合わせ
料金 (ギリシャ語⇒日本語)問い合わせ
品質品質担保の説明あり
スピード4営業日以内
実績取引企業数:年間1,000社
知名度(検索数)1900
翻訳言語数70ヵ国語
総合評価丁寧な対応と料金の安さは魅力的

会社説明

サンフレアは、1971年に創業した歴史ある翻訳会社です。翻訳だけでなく、クリエイティブ制作やコンサルティングなどのトータルサポートで、企業のグローバルビジネスを成功へ導いています。

同社では、エンジニアが独自に開発したプロジェクト単位のツールにより、翻訳精度の向上をサポートするとともに、クロスチェックを行うことにより精度を高めています。翻訳者が在籍している翻訳者は約6,000名で、専門的な知識を持った翻訳者の中から適切な人材を選定することが可能です。

コスト面でも優れており、費用を抑えたいと思っている方には特におすすめの翻訳会社です。

サンフレアの口コミ

これまで、国際営業部の方から多言語の契約書の内容確認の相談があると困っていましたが、これからはサン・フレアさんにいつでも相談できるので、大助かりです。

引用元:サンフレア公式HP お客様の声(企業法務部)

サンフレアの詳細ページはこちら

3.翻訳センター

翻訳センター
料金 (日本語⇒ギリシャ語)問い合わせ
料金 (ギリシャ語⇒日本語)問い合わせ
品質納品後のアフターサービスが徹底
スピード不明
実績取引企業数:累計約4,400社
知名度(検索数)2900
翻訳言語数80ヵ国語
総合評価知名度はあるが費用感は合わない

会社説明

翻訳センターは、業界屈指の知名度を誇る翻訳会社です。「産業技術翻訳を通して、国内・外資企業の国際活動をサポートし、国際的な経済・文化交流に貢献する企業を目指す。」という企業理念のもと、言葉に関するサービスを展開しています。

翻訳言語数は80カ国語で、ヨーロッパ地域では、スペイン語・イタリア語・スウェーデン語・ギリシャ語などに対応可能です。また、医薬、特許、工業・ローカライゼーション、金融・法務という4つの専門分野に区分し、各分野で総合力を活かした付加価値の高い翻訳サービスを提供しています。

問い合わせにも丁寧に対応してもらえるので、初めて翻訳を依頼する方にもおすすめできる翻訳会社です。

翻訳センターの口コミ

無事に掲載されました。ありがとうございました。 ただ今回、1回目は「ネイティブチェックを受けるように」とリジェクトされました。1回目の仕上がりも、私の目からはどこが悪いかよくわからなかったのですが、それを受けてお願いした2回目の校正は、英文のチェックだけでなく、論文の内容・構成にも踏み込んでブラッシュアップされており、大変素晴らしかったです。

引用元:翻訳センター公式HP お客様の声

翻訳センターの詳細ページはこちら

4.ブレインウッズ

ブレインウッズ
料金 (日本語⇒ギリシャ語)問い合わせ
料金 (ギリシャ語⇒日本語)問い合わせ
品質こまめな進捗報告、品質体制を用意
スピード不明
実績取引企業数:年間1,000社
知名度(検索数)390
翻訳言語数12ヵ国語
総合評価単発の依頼は難しい

会社説明

ブレインウッズは、ネイティブの翻訳者やバイリンガルのチェックなど、徹底した品質管理体制が魅力の翻訳会社です。

法人・企業を対象として、実務・技術翻訳、通訳派遣、映像字幕翻訳サービスなどを展開しており、IT・金融からアパレル・スポーツまで幅広く対応しています。取り扱い言語は、英語・中国語・韓国語や欧州言語などです。また、各分野に専門の翻訳者やコーディネーターを配置しており、スペシャリストでチームを組んで翻訳を行っています。

ただ、基本的に単発の依頼は難しいため、継続的に依頼する場合の候補として検討するとよいでしょう。

ブレインウッズの口コミ

今回のリライトに関しては、限られた時間の中での作業だったにも関わらず、当院からの指示通りの納品ありがとうございました。

引用元:ブレインウッズ公式HP お客様の声(医療法人)

ブレインウッズの詳細ページはこちら

5.インターブックス

インターブックス
料金 (日本語⇒ギリシャ語)1文字17円〜
料金 (ギリシャ語⇒日本語)1文字17円〜
品質欧州言語専門の編集者とチェッカーが担当
スピード3営業日以内
実績公的機関や有名企業など多数の実績あり
知名度(検索数)320
翻訳言語数60ヵ国語以上
総合評価やや無機質な対応で初めて頼むには全体的に不安

会社説明

翻訳会社インターブックスは、英語翻訳では400人以上、中国語翻訳では150人以上の翻訳者が在籍しており、各言語・分野の依頼に高品質な訳文で対応しています。

翻訳以外にも、編集や出版からクリエイティブまで、さまざまなサービスを展開しており、官公庁や大学などとの取引実績も多数あります。また、質の高い翻訳でコミュニケーションの新しい価値を創造する同社は、スピードやコスト面でも強みを持っています。特に、夕方に依頼を受けて翌日の午前中に納品する超特急翻訳や24時間翻訳など、そのスピードは業界屈指です。

インターブックスの口コミ

今回、IRおよび社長メッセージのプレスリリースの翻訳をお願いしました。丁寧にコメントを書いていただきたいへん助かりました。クライアント様もとても満足されておりました。ありがとうございました。

引用元:インターブックス公式HP お客さまの声

インターブックスの詳細ページはこちら

ギリシャ語を使用している国や地域

公用語として使用している国は、ギリシャとキプロスです。公用語としてはいませんが、南イタリアなどの一部地域でも使われています。

ギリシャ語には現代語と、過去に使用されていた古代・中世語がありますが、現在ギリシャやキプロスで使用されているのは現代語です。

ギリシャ語の翻訳は難易度が高い!

文語と口語や複雑な文法など、日本語とは特徴が異なり翻訳するのは困難な言語の1つです。翻訳が難しいギリシャ語の特徴について紹介します。

文語(カサレヴサ)と口語(デモティキ)

文語であるカサレヴサと口語であるデモティキの2つの言葉が存在します。現代では、カサレヴサは司法や学術など一部でのみ使用され、日常生活ではデモティキを中心に使用しています。

正確性を求めるのであれば、カサレヴサとデモティキの両方の知識や適切な使い分けができる能力が必要があります。そのため、ギリシャ語ネイティブでなければ、翻訳するのは困難でしょう。

難解で複雑な文法

難解で複雑な文法のため、翻訳するのが難しい言語の1つです。特に難しいとされる文法は、名詞の格変化と動詞の活用形です。

名詞の性によって異なる格変化

名詞は日本語とは異なり、男性・中性・女性の3つの性があります。英語と同様に単数と複数の2つの数もあるため、名詞の形は全部で6パターンあります。

さらに、その6パターンの名詞は、4つの格変化をします。そのため、1つの名詞がたくさんの形に変化をしますが、翻訳をする場合は名詞の変化を覚える必要があります。

膨大にある動詞の活用形

動詞の活用形は膨大な量です。名詞と同様に3つの性と数によって動詞の活用形は変化します。現代語の法は直説法・接続法・命令法の3つがあり、それぞれが時制によってさらに変化します。

古代語の場合は、希求法が増えて法の数が4つになるなど、現代語よりもさらに動詞の活用が増えて複雑になります。

名詞の性や数、法や時制によって膨大に変化する動詞の活用形があるギリシャ語は、翻訳するために高い言語力が必要となるため個人での翻訳は困難です。

24文字からなるギリシャ文字

現代語は24のギリシャ文字から構成されています。古代語でも使用されていた文字のため、歴史は深くアルファベットの語源になったとされています。

現在ギリシャ文字を使用しているのは、ギリシャ語だけとなります。ラテンアルファベットとは異なる特殊な形をした文字が特徴で、日本人にはなじみのない文字です。

時代区分別!現代ギリシャ語との違い

時代によって現代語と、古代・中世語の3つに分けることができます。現代語と古代・中世語の違いについて紹介します。

古代ギリシャ語

古代語は、紀元前8世紀ごろから紀元後6世紀ごろに使用された言葉です。現代語よりも複雑な文法構造をしているのが特徴です。

例えば、現代語では格の数が4つですが、古代語では与格が増えて全部で5つになります。さらに、数も単数と複数以外に双数というのが増え、全部で3つになります。

動詞や時制などの数も現代語よりも増えるため、より複雑な文法であることが分かります。この時代の有名な作品は、ホメーロスのオデュッセイアやプラトンの国家などが広く知られています。

古代語は現代語よりさらに複雑な文法。

中世ギリシャ語

中世語は、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)で公用語として使われました。現代語との違いとして語彙などがあります。この時代に書かれた文には、中世語独自の語彙が使用されました。

しかし、古代語の表現が教養として好まれていたため、歴史書や文学作品などは古代語の表現で書かれている作品も多くあります。

東ローマ帝国では中世語、作品によっては古代語を使用していましたが、7世紀より前はラテン語を使用していました。そのため、東ローマ帝国に関わる翻訳が全てギリシャ語ではないことに注意が必要です。

東ローマ帝国=中世語ではない。

ギリシャ語翻訳の目安料金

翻訳料金は、選ぶ翻訳会社や依頼する文書の難易度によって異なります。また、翻訳会社で依頼できるギリシャ語は、ほとんどが現代語のことです。

日本語→ギリシャ語1文字15.5円~
ギリシャ語→日本語1ワード30円~
英語→ギリシャ語1ワード22.5円~

一般ビジネス文書の現代語の翻訳目安料金は、日本語から訳すと1文字15.5円から日本語へ安く場合が1ワード30円からです。

多言語に対応している翻訳会社の場合であれば、英語などその他の言語に翻訳することが可能です。英語から翻訳する場合は1ワード22.5円からです。

ギリシャ語は難易度が高いマイナー言語のため、英語などのメジャー言語と比較すると料金が高くなります。依頼する文書に専門用語が多い場合やオプションを追加する場合は、文字単価以外に費用がかかることがあります。

最低受注額が定められている場合もあるため、数社の翻訳会社から見積もりを取ることをおすすめします。

ギリシャ語翻訳の依頼前に確認したいこと

どの時代のギリシャ語に翻訳するか

現代使われるのは現代語なので、通常のビジネスや公的文書の翻訳であれば現代語に翻訳すれば問題ありません。

しかし、舞台の台詞の翻訳や古代や中世を舞台にした創作物など一部のシーンでは古代・中世語の方が適している場合があります。

その場合は、古代・中性語に対応している翻訳会社を探さなければいけません。また、専門性が高くなるため、料金も通常の現代語よりも高くなる可能性があります。

ギリシャ文字のフォントとツール

ギリシャ文字は、英語などで使用されるラテンアルファベットとは異なり特殊文字が多い特徴があります。そのため、編集時に文字化けしやすい文字の1つです。

ギリシャ語そのものに対応しているツールはたくさんありますが、編集に使うフォントやツールを翻訳会社と合わせておかないと、翻訳後にいざ編集や印刷の段階で文字化けをしてしまう恐れがあります。

そのため、翻訳会社に依頼をする際にフォントやツールを統一するために指定をするようにしてください。

文字化けなど編集時のトラブルが心配な場合は、編集後のトラブルがアフターフォローのサービスに入っている会社を選ぶ、もしくは編集まで翻訳会社に依頼をすると安心です。

難易度が高いギリシャ語の翻訳は翻訳会社に依頼しよう

ギリシャ語は現在使用されている現代語と古代・中世語があり、どの年代のギリシャ語も翻訳するのは困難です。翻訳の難易度が高いギリシャ語翻訳は、信頼できる翻訳会社に依頼するのがおすすめです。

他の翻訳会社を比較したい人はこちらの記事もチェックしてみてください。翻訳会社全22社を徹底調査してみました。

【プレゼン資料付き】東京都の翻訳会社おすすめランキング!22社を徹底比較

マイスター厳選!翻訳会社ランキング
  • WIPジャパン

    WIPジャパン スクリーンショット画像
    WIPジャパンはクライアントからのヒアリング力と質の高い翻訳に定評があります。翻訳が初めての人でも困らないように担当者が丁寧に対応をしてくれるので翻訳会社を探している人には特におすすめしたい会社です。
  • サンフレア

    サンフレア 公式ページ画像
    サンフレアでは自社内での翻訳者の教育に力を入れており、一定の品質を担保できる仕組みを取っています。セキュリティ対策も万全でプライバシーマークの取得など堅固なセキュリティ体制が企業として安心感に繋がっています。
  • 翻訳センター

    翻訳センター 公式ページ画像
    翻訳センターは翻訳業界では最も有名な会社で国内業績では圧倒的TOPを誇る会社です。翻訳分野を幅広く取り扱っていて、翻訳センターに問い合わせれば間違いないものの、費用は高額なので利用する企業は限られます。
そのまま社内で使える!プレゼン資料無料ダウンロード 翻訳会社の選び方