そのまま社内で使える!プレゼン資料無料ダウンロード 翻訳会社の選び方
初心者ガイド

翻訳会社の料金相場|気になる翻訳費用の内訳を紹介!

翻訳会社を選ぼうと思っても「安いところが知りたい」「翻訳料金の相場は?」と気になる点がいくつも出てくると思います。

料金は安いに越したことはないですが、その分、翻訳に関わる人がいなかったり、そもそも質が低かったりと問題も出てきます。

この記事では、翻訳会社を選ぶポイントを料金の観点から解説をしていきます。ぜひ、今後の翻訳会社選びの参考にしてください。

翻訳会社の料金相場

翻訳料金のほとんどは、言語ごとの翻訳文字単価によって大きく変わってきます。各言語ごとの料金相場を出しましたので、参考にしてみてください。

言語別の料金相場

英日・日英翻訳の場合(単位:英日の場合は原文の英語 1 ワードあたり、日英は和文原稿の1文字あたりの価格)

英日翻訳(英文→和訳)日英翻訳(和文→英訳)
コンピューターマニュアル28円20円
一般科学・工業技術28円21円
金融30円25円
経営管理・債務・契約書30円25円
医学・医療・薬学35円30円
特許明細書26円30円
引用元:日本翻訳連盟 翻訳料金の目安より

ここに翻訳言語やサービス、納品スピードなどの追加料金が発生し、翻訳料金が決まります。また分野や文書によって費用が異なり、日英翻訳の場合でも30,000~80,000円くらいの総額費用が相場になってきます。

翻訳依頼をする前にどのような言語なのか、サービス内容なども明確にしておきましょう。

翻訳言語の料金見本

1ワード単位WIPジャパン十印
日英翻訳16円16円
日中翻訳10円12~14円
日韓翻訳12円15円

翻訳会社の料金の内訳を解説

翻訳会社の文字単価費用については解説をしました。簡単に比較ができる大きな違いが文字単価です。

とはいえ、安い費用の会社を選べば予算を抑えることができるのか?と言われたら、それだけではありません。

  • 翻訳費用
  • 校正費用
  • 作業費用

翻訳会社の料金総額は以上の3つから成り立っています。ここからは、それぞれの内容を解説していきましょう。

翻訳費用

先ほどご説明したものがこの翻訳費用になりますどの会社でも、1ワードあたりの料金を設定しているところが多いです。なかには、100ワードや200ワード単位での料金設定の会社もあります。

この翻訳費は分野や文書の種類によって、基本料金からプラスされていくことが多いため確認が必要です。翻訳後のダブルチェックも基本的には翻訳費に含まれていることが多くなっています。

校正費

「チェック」「校正」「校閲」などと記載されていることが多いですが、翻訳後の文章を原文書と照合してチェックする作業です。

翻訳料金に含まれていることもありますが、オプション料金とされていることもあるので確認しておきましょう。

また、「ネイティブチェック」と呼ばれる方法も校正費に含まれます。ネイティブチェックとは、翻訳後の言語を母国語とするネイティブチェッカーが翻訳後の文章を確認し、必要に応じて修正することです。

ネイティブチェックに関しても会社によって異なりますが、オプション料金として追加料金を支払う必要があることも。

ネイティブチェック後の文章を納品可能であるか最終確認する方法を「プルーフリーディング」といいますが、こちらも校正費に含まれることが多くなっています。

英文校正とは?料金相場や英文校正会社を選び方5つ 会社で使う資料や論文を英語で作成するときは、英文校正が欠かせません。文章のクオリティを高めるために、重要なプロセスです。 では、...

作業費

これは必要な場合のみですが、翻訳と同時にWordやExcel、PowerPoint、HTML、メモリなどを操作する必要があれば別途料金がかかることが多いです。

先ほどご紹介したように、文書のレイアウトやデザインなどもこちらに含まれます。

翻訳料金を左右するポイント

翻訳会社には、基本の翻訳料金以外に翻訳料金を左右するポイントがあります。翻訳依頼しようとしている文書がポイントに当てはまるかどうか確認してみて下さい。

文書の内容・専門性

翻訳文の専門性によっても料金が異なります。

例えば、専門的な内容であれば基本の翻訳料金に1ワード+2円などと設定している会社もあれば、全体にプラス料金をかけている会社もあります。

基本的に無料相談や無料見積もりができる会社も多いので、事前に確認しておきましょう。

後程、分野別の料金相場についてもご紹介します。

校正や仕上げレベルなどサービスの質

先ほどご紹介したように、翻訳後のチェックや仕上げのレベルなどサービスの質によっても料金が左右されます。

会社によっては、クロスチェック・ネイティブチェックと合わせたコースで、1ワードごとの料金がプラスされる場合があります。

他にもオプション料金としてネイティブチェックは1ワード10円前後で行っている場合も。

仕上げの文書レベルやレイアウト・デザインなどでも料金がプラスされる場合があるため、どの程度の質を求めるか明確にしておく必要があるでしょう。

納品スピード

翻訳会社によって異なりますが、文書のボリュームやサービスによって納期が設定されます。

もし標準納期より早く納品をしてほしい場合は、どの翻訳会社でも追加料金が課せられることがほとんどです。

例えば、スピード納品で料金が20~50%アップなどの設定がされている会社などがあります。

まれにスピード納品に追加料金なしの会社やキャンペーンをしている会社もあるので希望納期を明確にしたうえで確認しておきましょう。

翻訳料金を安くするには?

翻訳料金をできるだけ安くしたい場合は以下の点に注目しましょう。

  • 低価格の翻訳会社を選択する
  • キャンペーンを活用する

低価格の翻訳会社を選択する

格安の翻訳会社であれば翻訳料金は抑えることができますが、サービスや品質などを事前に確認しておくことが重要です。格安でも品質を保証しているところであれば、料金は抑えられます。

しかし、費用が安いとその分、翻訳に関わる人が少なくなり、必然的に翻訳の質が落ちてしまいます。社内向けの資料などであれば問題ありませんが、海外のお客様向けの物には、それなりに予算は用意しておくことをオススメします。

初回キャンペーンを利用する

各翻訳会社には初回依頼料が10%オフといったキャンペーンを設けてある会社もあります。そういったキャンペーン等を利用することで、多少なりとも費用を安く抑えることは可能です。

初回キャンペーンを実施している翻訳会社は以下になります。

  • WIPジャパン
  • クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
  • ケースクエア
  • ユレイタス
  • ACN
  • グローヴァ
  • NAIway

また、翻訳会社マイスターでは「翻訳を少しでも安く利用出来たら」という想いからWIPジャパン様と交渉し、翻訳会社マイスター限定で割引クーポンを発行していただくことができました。こちらのクーポンも併せてご利用ください。

翻訳料金をチェックして早速依頼しよう

翻訳依頼したい文章がどのようなものなのか、翻訳レベルやサービスなどはどの程度を求めるのかを事前に明確にしておきましょう。

翻訳会社はたくさんありますが、各翻訳会社によって得意とする分野や言語も異なります。

あなたが依頼したい文章に適している翻訳会社をピックアップし、料金設定を比較することがおすすめです。

質を求めなければ安く済ませることができますがそれでは意味がありません。

品質やサービス・料金を総合的にチェックするようにしましょう。

あなたにあった翻訳会社を見つけてくださいね。

翻訳会社おすすめ22社 東京都
【プレゼン資料付き】東京都の翻訳会社おすすめランキング!22社を徹底比較翻訳会社を調査分析した【社内でそのまま使えるPDF/PPT】がダウンロードできるおすすめ翻訳会社を紹介メディアです。また、おすすめ翻訳会社のクーポンも用意しています。費用相場・納期・翻訳品質など選ぶ基準は会社によって様々です。翻訳会社マイスターとしての見解から選ぶ基準を紹介しています。...